一人かもしれない

一人旅の記録

福岡に行ってきた【門司港&能古島】(その3)

博多の朝です。

この小じゃれた空間で朝ごはんを食べます。

f:id:hitorikamo:20180818121426j:plain

今回実はオシャレドミトリーに泊まったのです。

夜はここで立ち飲みできるらしいのですが、わたしが宿に着いた頃にはお客さんが満員状態でとても入れる状況でなかったのであきらめたのでした。

 昨晩は2階の共有スペースで一人ビールしたのですよ。

f:id:hitorikamo:20180818121754j:plain

朝食はシンプル和食、おいしかったです。

今日はもうそのまま帰ってもよかったのですが

せっかくなのでどこかへ行こうと思ったのです。
f:id:hitorikamo:20180818121527j:plain

能古島にいきます。陽水さんの唄でおなじみ、能古島です。

何かに取りつかれたように近年島旅に挑みがちな私です。

博多からちゃちゃっと行けそうな島だそうなので能古島に行くことにしました。

 

路線バスに揺られ、フェリーのり場に着きました。

f:id:hitorikamo:20180818122310j:plain

フェリーの時間までまだ少しあります。

海上タクシーの案内もありましたが私はひとりなので負担が大きい。

フェリーを待ちます。

f:id:hitorikamo:20180818122352j:plain

フェリーほぼ満員状態でした。

なんだかマイナーなところなのかと思いきや若いカップルや家族連れなどでいっぱいでした。

f:id:hitorikamo:20180818122511j:plain

フラワーのこ、ありがとう。すぐに着きました。

f:id:hitorikamo:20180818122558j:plain

能古島に辿り着いたらバスでのこのしまアイランドパークへ。

f:id:hitorikamo:20180818122619j:plain

能古島、どうやらこのアイランドパークがメインというか、観光しようと思うとほぼここしかないというような島だったみたいです。もれなく全員ここへ向かう感じ。

なかなかレトロです。

f:id:hitorikamo:20180818122712j:plain

昨夜のライブとフェリー旅でほぼ満足していたのですがこの島もなかなか素敵!

f:id:hitorikamo:20180818122726j:plain

敷地は広大です。

f:id:hitorikamo:20180831222347j:plain

なんでかな、地形のせいなんだろうけど海面がめっちゃ高いところあって海がいっぱい見える。

まんなかのこんもりした小島がかわいい。

 

ちょうどマリーゴールドがきれいでした。

f:id:hitorikamo:20180831222434j:plain

 なぜか竹馬。わたしが子供のときはリアル竹の竹馬に乗ってたよ。

f:id:hitorikamo:20180831222633j:plain

昔遊びとか昭和なつかしを味わうみたいなコンセプトもあるところらしい。

f:id:hitorikamo:20180831222711j:plain

駄菓子屋。夏仕様のさとちゃんかわい。

f:id:hitorikamo:20180831223439j:plain

わたし、ここのことをあまり調べずにここまで来ちゃってたのでもうこんな感じで満足してたのですが、進んでいくと広大なお花畑があったのでした!

f:id:hitorikamo:20180831222738j:plain

すごーい広大。

全部マリーゴールドです。

f:id:hitorikamo:20180831222902j:plain

そうか、ここが映えるから若者カップルやファミリーが多かったのか!

f:id:hitorikamo:20180831222932j:plain

黄色もオレンジも綺麗。心も晴れる。

f:id:hitorikamo:20180831223348j:plain

ここも丘になってるから海もきれいに見えます。

f:id:hitorikamo:20180831223023j:plain

相当な広さです。きっと手入れは大変だろなあ。

f:id:hitorikamo:20180831223553j:plain

ハイ、これで能古島も終わりです。

f:id:hitorikamo:20180831232034j:plain

さよなら、福岡。

書くのに時間かかったけど福岡旅行記おわりですー。

さようなら