一人かもしれない

一人旅の記録

沖縄に行ってきた【小浜島・黒島・鳩間島】(その1)

2泊3日で沖縄石垣離島(八重山)の島を巡ってきました。

「むしろ一人で行くべき島」として知人から教えてもらって

ひとりで旅にでちゃったのが数年前。

それ以来どうしても行きたくなるのが八重山諸島なのです。

 

今回、わたしは誰にも言わずに旅に出ました。

旅先で何かあっても誰も何もわかんない。

なので何としてでも無事にかえってこなければ!

 

前日の飲み会の余韻(2日酔い)を残した体を無理やり奮い立たせ

早朝のピーチに乗ったよ。

f:id:hitorikamo:20160715234937j:plain

 青空にピンクが映える。

ピーチはピンクでかわいい。(激せまだけど)

心配した台風も来なかったのです。快晴です。機内満席でした。

 

関空から2時間半くらいで石垣空港です。

f:id:hitorikamo:20160715235255j:plain

お~りと~り!

ここからバスに乗り、離島ターミナルへ向かいます。

バスの車内はみんな大きいスーツケースを持った人ばかり。

わくわくしちゃうのです。

するとあっという間に着いちゃうのです。

 

f:id:hitorikamo:20160716000727j:plain

730交差点に着きました。

石垣島に来たって感じがする!

 

今日は小浜島に宿を予約しているので、

離島ターミナルから小浜へゆくのですが

まだ時間があるので近くのお店でお昼ごはんを食べました。

f:id:hitorikamo:20160716001350j:plain

お刺身定食とビール。

どこに行っても海鮮定食とビールばかりを食べている自分に気づいた。

サカナ大好きなのです

 

ちなみ離島ターミナルすぐのこのお店です

f:id:hitorikamo:20160716001647j:plain

 

あああ。離島ターミナルへやってきた。

f:id:hitorikamo:20160716001805j:plain

思えば船好き島好きはここにきてから始まったのかも。

 

f:id:hitorikamo:20160716002238j:plain

桟橋です。

 

f:id:hitorikamo:20160716002333j:plain 

用高先生。

 

f:id:hitorikamo:20160716003658j:plain

ほら。

海も空も青い!

 

 

石垣から小浜までは30分くらい。

小浜島へ着きました。

黄昏れているとあっという間に着きます。

 

さっそくレンタサイクルを借りて島をめぐるよ。

 

おじさんに島の見どころを教えてもらいました。

f:id:hitorikamo:20160717154300j:plain

持って帰ってきてから撮ったのでしわくちゃですが地図。

おじさんいわく

「まーなんもないけどせっかくだから見にいってきてね!」

だってさーーー。

f:id:hitorikamo:20160717005508j:plain

小浜島は「ちゅらさん」で有名なシュガーロードのある島です

 

f:id:hitorikamo:20160717005706j:plain

星野リゾートとか、はいむるぶしとか、キレイなリゾートホテルがあります。

なので他の島よりもリゾート色の強い高級感ある島って感じです。

客層も若干違って、家族連れとかきれいめなカップルとかちょっと高齢な夫婦とかが多い気がした。

 

f:id:hitorikamo:20160717010045j:plain

みよ!この南国らしい道と入道雲!

 

f:id:hitorikamo:20160717010134j:plain

あああ。ほんとうに、ここまでがんばってやって来てよかった。

 

f:id:hitorikamo:20160717010322j:plain

遠くの海が南国色。

 

f:id:hitorikamo:20160717010524j:plain

道路は舗装されてて広いです。

ただ結構アップダウンがあるので電動自転車にしたよ。快適!

 

おやおや牛さん。

f:id:hitorikamo:20160717010708j:plain

モーとかいってる

f:id:hitorikamo:20160717010854j:plain

 

牛がいればヤギもいる

f:id:hitorikamo:20160717011023j:plain

メーとかいってる

 

そんで、たぶんシュガーロード。

f:id:hitorikamo:20160717011647j:plain

シュガーが見当たらない&こんな道ばっかり

なので不確かですが、たぶんこれがシュガーロード

f:id:hitorikamo:20160717011412j:plain

素敵な一本道。

 

一本道を進んでいくと、集落が見えてきました。

f:id:hitorikamo:20160717011923j:plain

民家もけっこう多いですが、石垣が沖縄ぽさ全開。

 

f:id:hitorikamo:20160717012059j:plain

警察。

 

f:id:hitorikamo:20160717012221j:plain

この民家、普通の民家ですが

f:id:hitorikamo:20160717012313j:plain

ちゅらさんのロケ地なのでこんな看板立ってます。

民家なので中には入ってはいけない。

 

f:id:hitorikamo:20160717012735j:plain

なんか目立つ居酒屋もあった。

「あーじゅ」なんだろうか、「あ・じゅー」なんだろうか。

「準備中」で夜しか開いてないないみたい。

ざんねん、行ってみたかった

 

f:id:hitorikamo:20160717013008j:plain

郵便局。

観光客なお姉さんがポストに手紙を出していた。

「オリジナルはがき」もあるみたいだし記念になるだろねー

 

島の中心部にある「大岳(うふだき)」に行きます。

自転車を置いて歩いて登らないといけない。

迷ったけど、レンタサイクルのおじさんが見どころポイントとして

紹介してくれたので登ることにした。

f:id:hitorikamo:20160717013425j:plain

けっこう階段ながかった

はーしんど。

 

頂上についた。

眺めはすごくよいです!

f:id:hitorikamo:20160717014238j:plain

小浜島八重山諸島の真ん中にあるので、

ほぼすべての島をぐるりと見渡すことができるらしい

f:id:hitorikamo:20160717014416j:plain

360度絶景です。

どれがどの島なんかはあんまわからんかったが。

f:id:hitorikamo:20160717014618j:plain

あっちのもこもこした森みたいになってるやつは西表かな!

 

展望台はカップルとわたしの3人の空間になり、

なんとなく気まずくなってサッと降りてきました。

f:id:hitorikamo:20160717015019j:plain

空が青い。雲が白い。海が青い。

 

f:id:hitorikamo:20160717015225j:plain

ふもとで自転車に乗り再びはしりだしました。

 

f:id:hitorikamo:20160717015401j:plain

工事中な道をざざざと下ると

 

f:id:hitorikamo:20160717015554j:plain

マングローーーーブ!!

f:id:hitorikamo:20160717015723j:plain

亜熱帯。ジャングル。アマゾン。アマゾネス。

(アマゾネスってアマゾンぽいっていう意味かとおもってたら違った)

 

あとは、こんな道をひたすら進みます

f:id:hitorikamo:20160717020226j:plain

アップダウンがありますが電動チャリの私は無敵。

下りの時の爽快感はたまらん。

 

「細崎」という、その名のとおり細い先っぽの集落のとこまでいきました。 

f:id:hitorikamo:20160717020628j:plain

海がまぶし。

 

f:id:hitorikamo:20160717020745j:plain

海人公園です。

後ろの四角いやつは、マンタの後ろ姿。

 

 

f:id:hitorikamo:20160717020941j:plain

たぶんこの時昼の2時とかそのくらいだったと思うんですが

f:id:hitorikamo:20160717021204j:plain

なんかもう晴れすぎててあかるすぎて景色がまぶしくて見えない

 

f:id:hitorikamo:20160717021358j:plain

日差しと視界のまぶしさに圧倒されてました

 

f:id:hitorikamo:20160717021537j:plain

ぐあああああ。

ちゃりんこきもちいいいいいい

 

f:id:hitorikamo:20160717021645j:plain

お馬さん

なんかを一生懸命食べてた。

 

f:id:hitorikamo:20160717021843j:plain

こんな道ばっかり。

バスのツアーあるみたいで、たびたび観光バスとも出会います。

涼しい車内から観光できるのはいいな。

でも私はチャリンコで爆走するのが島の醍醐味だと考えておりまして。

汗をかきつつ走るのです!

 

f:id:hitorikamo:20160717022657j:plain

リゾートホテルの「はいむるぶし」が見えてきました。

f:id:hitorikamo:20160717022933j:plain

ここのホテルは宿泊者じゃなくても敷地内に入ることができます。

 

f:id:hitorikamo:20160717022758j:plain

シーサーがお出迎え。

民宿やペンションばかり泊まってる身からすると

このリゾート感やはりちょっとうらやましい

 

f:id:hitorikamo:20160717023031j:plain

 シャボン玉が飛んでたりなんかして。

 

ビキニ!

f:id:hitorikamo:20160717023330j:plain

シュノーケリング仕様でかわい。

 

ホテルの中でちょっと涼んで体力回復しました。

 

ブランコがあったよー

大人だけど迷わずのっちゃうぜ。

f:id:hitorikamo:20160717084049j:plain

でも乗ってたら横のトリが超寄ってきてあんまりゆっくりできなかった。

f:id:hitorikamo:20160717084536j:plain

 

何にもおいしいものは持ってないだけど。

f:id:hitorikamo:20160717084159j:plain

 

不思議そうな顔でこちらを見ている。

f:id:hitorikamo:20160717084311j:plain

 

さて、また来た道を戻って港へゆきます

f:id:hitorikamo:20160717084828j:plain

だんだん日が傾いてきた気もする。

f:id:hitorikamo:20160717085037j:plain

よく見たらこんなとこにもブランコが。

f:id:hitorikamo:20160717084921j:plain

 

また海が見えてきました。

f:id:hitorikamo:20160717085223j:plain

 これでなんとなく島を一周した感じです。

 

 港はでかい。

バスが止まるので駐車場もでかい。

f:id:hitorikamo:20160717085438j:plain

 

レンタサイクルを返却して、宿の人に迎えに来てもらいました。

 

宿は島の真ん中の集落のあたりにあります。

さっき自転車で行ったあたりですが車で行くとあっという間に着きました。

 

泊まった部屋。

f:id:hitorikamo:20160717085910j:plain

 テレビの位置が異様に高い!

 

押入れの跡みたいな謎のスペースがあって、

ここが荷物置いとくのにかなり便利でした。

f:id:hitorikamo:20160717090343j:plain

まあ、ちょっと古い感じは否めませんが

お掃除もちゃんとしてくださってて綺麗な宿です。

 

この時点で日焼けしてひりひりでしたので、

しばし宿で休みました。

 

晩御飯。

f:id:hitorikamo:20160717153339j:plain

おいしくいただきました。

 

同じ宿の人々はダイバーぽい人たちが多かったです。 

同じく一人旅なダイバーさんと話していて、

明日は鳩間に泊まるという話をすると

「え!鳩間?見る所そんなになくないすか!?潜るわけでもないんでしょ?しかもちょっと遠いし!」

とか言われてしまった。

 

むしろ今回の旅の一番の目的は鳩間島に泊まることだったんだけども・・・

確かに小さい島だしあんまし長居する必要はないんだろうかどうなんだろうか。

 

f:id:hitorikamo:20160717154009j:plain

部屋に戻ってオリオンビールをたしなみました。

このビール特に味が好きってわけではないけど

沖縄に来た感がでるので雰囲気重視でついつい選んでしまう。

今回もいったい何本飲んだかわからん。

 

夜、宿の外に出るとものすごい数の星が見えました。

天気に恵まれてほんとうに良かった。

いっぱい見えすぎて逆に気持ち悪いくらいの星。

天の川もくっきり出ていて、しばし宿の周りを徘徊してました。

 

ほんとうは目に見えないだけで都会でもこんだけたくさんの星があるのね

星がありすぎて星座もよくわからんくらい。

結構流れたりするし。

 

満足をしてこの日は眠りにつきました。

 

明日は鳩間島にいくよ!