今日もひとりかもしれない

三十路の一人行動の記録

広島に行ってきた【大久野島&百島】(その1)

また島旅してきました。

今回はうさぎで有名な大久野島

そして、もう一つ瀬戸内の島を行こうと思い、どの島にしようか迷いましたがややマイナーだけどアートが有名な百島という島を選びました。

 

 大久野島へはアクセスがちょっとめんどくさいです。

福山から山陽本線呉線と乗り継いで1時間以上かかります

f:id:hitorikamo:20170607202432j:plain 

それでも電車の中からみる瀬戸内海が美しくってぼうっとしているとあっという間に着きます。

f:id:hitorikamo:20170716232937j:plain

海のすぐ近くを通るローカルな感じがよい。

休日なのに空いてます

f:id:hitorikamo:20170716233032j:plain

着いた。忠海

f:id:hitorikamo:20170716233151j:plain

大久野島にむかうフェリーの乗り場まで5分くらい歩きます

海ですねー

f:id:hitorikamo:20170716233351j:plain

港ではお土産や島であげる用のウサギのエサなんかも買えます

f:id:hitorikamo:20170716233630j:plain

最近できたっぽくて新しい建物です。おしゃれ。

ソフトクリームを食べてたら、船がきたよ

f:id:hitorikamo:20170716233759j:plain

休日なので人がたくさん。老若男女、お国もいろいろ

f:id:hitorikamo:20170716233917j:plain

風に吹かれて!

この気持ちよさ。たまらん!

 

とうちゃーく

f:id:hitorikamo:20170716234131j:plain

島に降り立つともうウサギがぴょんぴょん跳ねまわっております!

バスが無料で休暇村まで連れて行ってくれるとのことなので流れに乗ってバスに乗りこみました。

が、このバスは乗らないでもよかったかも。

バスの車内からウサギと戯れる人々が見えてうらやましくってうずうずする。

しかも休暇村まで歩いてもすぐの距離でした

(ウサギを轢かないようバスはスーパーのろのろ運転)

f:id:hitorikamo:20170716234915j:plain

南国な広場ですがよく見たらちらほらウサギがいるの、見えますか。

広場に立っているだけでウサギが寄ってきます

まだ心の準備ができていないのにいきなりこの距離感!

f:id:hitorikamo:20170716235344j:plain

エサくれると思って寄ってくるらしい

かか、かわいい!

f:id:hitorikamo:20170716235711j:plain

 エサを取り出すそぶりさえすればここではウサギにモテモテです

歩いているともれなくウサギ

f:id:hitorikamo:20170717000148j:plain

 ウサギ

f:id:hitorikamo:20170717000248j:plain

ウサギ

f:id:hitorikamo:20170717000325j:plain

ウサギ

f:id:hitorikamo:20170717000540j:plain

フェンスの隙間から飛び出すうさぎ

f:id:hitorikamo:20170717000641j:plain

お尻がカワイイ

 

島を歩いて一周することにしました。

f:id:hitorikamo:20170717000734j:plain

ウサギにばかり気を取られがちです海もめちゃくちゃ綺麗です。

ここは本当に瀬戸内海なんだろうか。

こんな島があったなんて。

 

ウサギの楽園ぶりに浸って歩いていると急にこんなものが出てきます

f:id:hitorikamo:20170717001239j:plain

毒ガス貯蔵庫跡

f:id:hitorikamo:20170717001810j:plain

実際に見るとかなり大きくて存在感がありました。

大久野島は戦時中毒ガスが作られていた島でもあります

当時、極秘に毒ガスが作られており島自体が地図から消されていたこともあったそうな。

毒ガス実験に使われたウサギが繁殖し・・・という話も聞いたことがあったけど実際はそうじゃなくって小学校から離したウサギが自然繁殖したとあります。

そういやウサギの繁殖力ってすごいってきいたな。

プレイボーイ的な。

f:id:hitorikamo:20170717000938j:plain

きれいな海とかわいいウサギと毒ガス貯蔵庫跡。

これだけを同時に見れるのはきっと世界でもこの島だけなのでは。

 

どこを歩いていてもぴょこぴょこウサギが現れます

f:id:hitorikamo:20170717002438j:plain

私、別に特別ウサギが好きってわけでもなかったはずなんですが

f:id:hitorikamo:20170717002551j:plain

なんだかもうかわいくて

f:id:hitorikamo:20170717002625j:plain

ぐいぐい寄ってくる様子もかわいくてもう

f:id:hitorikamo:20170717002745j:plain

寄り添う姿もかわいくて

f:id:hitorikamo:20170717002858j:plain

カワイイお尻

f:id:hitorikamo:20170717003025j:plain

歩いていたらウサギが現れるなんておとぎ話みたい

f:id:hitorikamo:20170717003150j:plain

ウサギに気を取られているとまた砲台跡が出てきます

f:id:hitorikamo:20170717003855j:plain

友が島、猿島と行って大久野島にも来てしまった

f:id:hitorikamo:20170717005004j:plain

他の島といちばん違うのはウサギがいるところ

 

f:id:hitorikamo:20170717004914j:plain

この子も寄ってきた

f:id:hitorikamo:20170717005108j:plain

おねだり上手

f:id:hitorikamo:20170717005445j:plain

こういう廃墟は快晴の日にくるのが良い

f:id:hitorikamo:20170717005229j:plain

うーん

ちょっと複雑な気持ちになります

f:id:hitorikamo:20170717005330j:plain

島一周道路をさらに進みます

f:id:hitorikamo:20170717005542j:plain

海が青い!晴れててよかったー

f:id:hitorikamo:20170717005943j:plain

ここにもウサギ

f:id:hitorikamo:20170717010058j:plain

ぴょんぴょん

f:id:hitorikamo:20170717010432j:plain

木漏れ日のウサギ

f:id:hitorikamo:20170717010544j:plain

冒険て感じの曲がり角

f:id:hitorikamo:20170717010710j:plain

ここは火薬庫跡

f:id:hitorikamo:20170717010824j:plain

中をのぞくとこんな感じでした

f:id:hitorikamo:20170717010939j:plain

わたしはなんでこういうところにばっかり来てしまうんだろう

f:id:hitorikamo:20170717011023j:plain

 

その後も道中いろんなウサギに出会いました

f:id:hitorikamo:20170717011215j:plain

牛みたいな柄の子もかわいい

子ウサギが駆け下りてきたり

f:id:hitorikamo:20170717011352j:plain

きれいな瞳

f:id:hitorikamo:20170717011527j:plain

それで、何かまた見えてきました

f:id:hitorikamo:20170717011652j:plain

発電場跡!

f:id:hitorikamo:20170717011759j:plain

おおお

f:id:hitorikamo:20170717011836j:plain

これは迫力があります

f:id:hitorikamo:20170717011930j:plain

朽ちてるなあ。

戦時中、ここで女学生が風船爆弾の風船を作っていたらしい。

f:id:hitorikamo:20170717012151j:plain

トンネルの向こうは海です。

f:id:hitorikamo:20170717012331j:plain

ここでほぼ島を一周しました

f:id:hitorikamo:20170717012423j:plain

いやーまじで海きれい

f:id:hitorikamo:20170717114736j:plain

港のらへん

f:id:hitorikamo:20170717115854j:plain

 野菜をむさぼるウサギ

f:id:hitorikamo:20170717120201j:plain

 毒ガス資料館にもちゃんと行ってきました。

悲しい歴史があるということもちゃんと知っておかねばなりません。

f:id:hitorikamo:20170717120453j:plain

ふかふかしています。

が、うさぎは弱い生き物なのでここでは抱っこは厳禁です。

あげてはいけないエサもあるので注意しましょう。

f:id:hitorikamo:20170717120817j:plain

うさぎの耳

f:id:hitorikamo:20170717121007j:plain

しばし海をみてぼんやり。

歩いているともれなくウサギに出会います。

f:id:hitorikamo:20170717121128j:plain

うさぎってちょっと怖いくらいに思ってたけどかわいい。

f:id:hitorikamo:20170717121413j:plain

癒されます。

特別うさぎ好きでもない私でも気持ちが安らぎました。

f:id:hitorikamo:20170717121602j:plain

大久野島。のんびりできました。

一人でエサ袋ぶら下げて歩いてる若い女性とかおじさんとかも見かけました。

外国人の観光客がいっぱいいました。

不思議な体験ができる島でした。

f:id:hitorikamo:20170717121901j:plain

大久野島、ウサギの楽園ですが毒ガス製造の悲しい過去もあります。

ウサギかわいい!廃墟ラピュタみたい!

だけで帰ってしまってはいけないなあと感じました。

人気がですぎてウサギにストレスがかかるのも心配になったり。

今みたいな形で観光できなくなったら悲しいです。

 

大久野島ありがとう、さよなら!

ウサギウサギ言い過ぎた。この記事だけで何回言ったんだろ

f:id:hitorikamo:20170717122036j:plain

駅の看板もかわいい。なんかガニ股で瞳が赤いよ。

ちなみに他の駅も。

f:id:hitorikamo:20170717122214j:plain

見えにくいけど三原はタコでした。

 

そんで、今日のホテルは尾道でーす。

 

何度目かの尾道。着いた。

f:id:hitorikamo:20170717122441j:plain

今日泊まる宿はあの山の上にある尾道城じゃないほうの建物なのです。

歩いてホテルまで行きます。

f:id:hitorikamo:20170717123118j:plain

尾道って素敵な街だわ!

全然関係ないとこなのに懐かしさを感じる。そして夕方が似合う。

f:id:hitorikamo:20170717123533j:plain

けっこうな坂道を登らねばなりません。

泊まり荷物を持って登るのは結構しんどい。

f:id:hitorikamo:20170717123611j:plain

でも眺めは最高!

謎施設の尾道城の脇を通っていくと

f:id:hitorikamo:20170717123658j:plain

ホテルに着きます

f:id:hitorikamo:20170717123816j:plain

チェックインしてから周りを少し散策しました。

f:id:hitorikamo:20170717123954j:plain

すぐ近くには展望台もあります

f:id:hitorikamo:20170717124045j:plain

風情もへったくれもないのが尾道城。

この尾道城、かなり目立つ位置にあって嫌でも目をひくにも関わらず観光マップにも何にも記載されていないです。闇を感じます。逆にすごく気になります。

歴史的価値も全くなく、昔博物館として建てられたものの20年以上前に閉鎖し今は廃墟化してるとのこと。

珍しいところや廃墟が好きな私ですが、この城だけはなんだか好きになれなかったです。

廃墟化はしてるものの、もともとの佇まいがすでに悪趣味な感じがして廃墟の魅力のひとつである「あの時代は輝いていたのに」っていう雰囲気も感じられないです。

不思議スポットなのは確か。

 

千光寺公園です。

 

f:id:hitorikamo:20170717131312j:plain

展望台まで来ました

f:id:hitorikamo:20170717131419j:plain

もう閉まってるかなーと思いきや入れました。

f:id:hitorikamo:20170717131523j:plain

展望台の上はこんな感じで貸切状態です。

f:id:hitorikamo:20170717131613j:plain

尾道水道が丸みえ!

f:id:hitorikamo:20170717131829j:plain

夕日がとっても綺麗でした。

カップルがきたので退散しました。

このパターンも多い。

 

恋人の聖地らしい

f:id:hitorikamo:20170717132005j:plain

一人できちゃったよ

f:id:hitorikamo:20170717132048j:plain

なんだこのネーミング。腹立つ

f:id:hitorikamo:20170717132201j:plain

きっと昼間は人だらけなんだと思いますがこの時間だと人が少なくってゆっくり浸れました。恋人の聖地だけあってデートにぴったりだなここは!

私が泊まったホテルもまあまあ不思議なところでなぜかタイ料理が食べられます。

タイ料理は普通においしかった。

ホテルは古めで豪華ではないです。

高級でないのに高所に建ってて尾道だけどタイ料理っていうアンバランスな感じが魅力的なホテルでした。

 

そんなわけでおやすみーー