一人かもしれない

一人旅の記録

広島に行ってきた【大久野島&百島】(その2)

 山の上のホテルの尾道の朝

f:id:hitorikamo:20170730015521j:plain

今日もきれいな尾道水道

f:id:hitorikamo:20170730015636j:plain

昨日登ってきた道を来た道を下ります。

美しい

f:id:hitorikamo:20170730125356j:plain

坂のある道は情緒あふれる。

f:id:hitorikamo:20170730125537j:plain

小学校ではちょうど運動会がやってたみたいです。

校長先生のあいさつとかいう懐かしいものをやってた。

子なしの私はきっとこの先しぬまで関わることのない世界だわ

f:id:hitorikamo:20170730125740j:plain

プリンが有名なお店。

お土産で買おうか迷ったけどビンが重たいし日持ちしなさそうだから買わなかった。

f:id:hitorikamo:20170730125955j:plain

尾道とさよなら

f:id:hitorikamo:20170730130118j:plain

今日は百島にいくよ!

百島て瀬戸内の島の中でも知名度はかなり低いと思う。

私は全く知らなかった。

f:id:hitorikamo:20170730130201j:plain

本当に何もなさそうな、観光客も少なそうな島です。

ただ、アートベース百島という廃校を利用したアート展示をしているのでそれを見に行くことにしたのでした。

 

船内はガラガラ!でした。

f:id:hitorikamo:20170730131557j:plain

とうちゃく

f:id:hitorikamo:20170730131733j:plain

赤い桟橋です。

さあ、行こう!と思ったものの、道がわからない。

f:id:hitorikamo:20170730131832j:plain

看板はあるけどおおまかすぎてよくわからん。

私のような観光に来ました感のある人は一人も見かけません。

着いたらなんとなく道もわかるだろーと思ってましたがそんなこともありませんでした。

グーグルマップで調べながら行きます

f:id:hitorikamo:20170730132033j:plain

え!ここ曲がるの?ていう細い道を進んで

f:id:hitorikamo:20170730132140j:plain

景色を眺めながら歩きます。

ほんとうに静かでのどかでのんびりしています。

f:id:hitorikamo:20170730132320j:plain

いつの間にか神社の裏側に出て、狛犬の横にアートベースの標示を見つけた。

f:id:hitorikamo:20170730132626j:plain

どうやら裏道を通ってしまっていたらしい。

アートベースももしま!

ここは現在は予約制で、見学する場合は事前に連絡が必要です。

それだけこの島にくる人が少ないってことなのか

 

廃校を利用しているのでどこか懐かしい感じがします。

中はしんとしています。

受付に女性が一人だけ待っていてくれていました。

f:id:hitorikamo:20170730132933j:plain

これは黒いとこがオイル。

窓の外の景色うつりこんでます。

外の天気や時間帯によって見るたびに違う感じになるのだと思われる。

 f:id:hitorikamo:20170730150443j:plain

通路は学校の気配を残しつつ無機質な感じです。

トイレもアートで、普通に使おうと思って入ったけど落ち着かなさすぎて使うのをやめてしまいました。便器にいろいろなんか施すのはちょっと苦手だわ。

f:id:hitorikamo:20170730150632j:plain

うむ。アートは理解できない。

全く意味はわからんけど雰囲気を楽しむものなのです。

 

一番上の階まで続く階段登ると

f:id:hitorikamo:20170730150756j:plain

むむ

f:id:hitorikamo:20170730150949j:plain

なんとまあ。

なんということでしょう。校庭が見渡せます。

緑に囲まれた学校。校庭。

右の端っこのほうにゴミみたいなのがある

f:id:hitorikamo:20170730151234j:plain

百島という島で、この廃校でやってるからこそ美しく見えるのかもしれません。

窓の外の木々もすてきなアートの一部なんだと。

カフェみたいなスペースもありましたがお店はやってませんでした。

f:id:hitorikamo:20170730152628j:plain

この奥のある体育館をゆくと

f:id:hitorikamo:20170730152740j:plain

 これこれ。

f:id:hitorikamo:20170730152825j:plain

これたぶんほんとは回るんだとおもう。

f:id:hitorikamo:20170730152946j:plain

さわさわ。

人がいないところを撮っているわけではなく、誰もいなくてずっと貸切状態だったのでした。

f:id:hitorikamo:20170730153616j:plain

 

 学校の建物から歩いて5分くらいのところにある旧映画館の建物が分館になっているとのことです。

ちょっと迷いましたが

f:id:hitorikamo:20170730153808j:plain

少し歩くと、聞いていた通りかまぼこ型の建物が見えてきました。

なんだこれめちゃくちゃそそる建物!

f:id:hitorikamo:20170730153934j:plain

渋いです。

百島東映。1960年代に四年間だけ上映に使われていたらしいです。

映画館があるなんて離島では珍しかったんでは?

この建物だけ周囲から浮いてる感じ。異様です。アートプロジェクトが始まるまでは廃墟だったらしい。

f:id:hitorikamo:20170730154443j:plain

こんな素敵な建物、取り壊されずに活用されてるのがよかった。

中は完全に無人で、こんなイスが並んでいて

f:id:hitorikamo:20170730154615j:plain

アジトみたい。

コイン式クーラーみたいなとこにコインを入れると前にあるヒノマルが光ります。

100円玉が足りないと両替できるところもないので困るなーと思いました。

f:id:hitorikamo:20170730154833j:plain

けっこう長いことピカピカしていてぼうっと眺めるにはちょうどいいです。

外には井戸。

f:id:hitorikamo:20170730155203j:plain

ある意味ヘンテコなアートがこんな普通の何もない田舎道にあるってのが不思議な空間でした。

百島の自然と環境を活かして考えられたのだと実感しました

学芸員さんは尋ねるといろいろ教えてくれますが基本ほったらかしスタイルで、自分のペースでゆっくり見学できるのが一人な私にはちょうどよかった。

f:id:hitorikamo:20170730155659j:plain

しかしゆっくりしすぎて時間がなくなってしまった。

ほんとは島一周とかしたかったけどもう船がきてしまう。

f:id:hitorikamo:20170730160159j:plain

百島はイチゴやらミカンやらの栽培がさかんらしいです。どうぶつの森みたい。

f:id:hitorikamo:20170730160558j:plain

直島とか小豆島みたいな派手さはないし橋でつながってもないし、小さい島ですがだからこそ人も少なくって静かな環境でのんびりできるよ

f:id:hitorikamo:20170730160815j:plain

次来たときはアートベース以外のとこもちゃんと見なければ。

ほんとはチャリンコで一周できるくらい小さい島みたいです。

最近は急いで全部見るよりも少し残しておいて2回目来るときを楽しみにしようという発想になってきました

f:id:hitorikamo:20170730160911j:plain

帰りの船。

 

また尾道に戻ってきました。

尾道でまだちょっと時間があったのでフラフラしてみた。

尾道は商店街やら坂道やらほんとに雰囲気がいいです。

カメラ持った若者も多い。

オシャレ一人旅みたいな人も多い。

これは旧の銭湯を利用した店らしい。

f:id:hitorikamo:20170730161457j:plain

尾道らしい坂道と踏切。

ちょうど電車がきた。

f:id:hitorikamo:20170730161718j:plain

ちょうどシーズン的にツバメの巣がいろんなところにできてました

f:id:hitorikamo:20170730162001j:plain

駅近くの並んでないお店で尾道ラーメン食べた

f:id:hitorikamo:20170730162052j:plain

お腹も満たされた。

 

f:id:hitorikamo:20170812185458j:plain

かわいいとうふドーナツのお店でドーナツ買いました。

帰りの新幹線で食べたのでした。

 

 

 広島旅行終わりです!